2016-05-30

ホワイトガールズ インタビュー第1弾 寺井 えりかさん

初の北海道登録・女子選手の誕生を目指して函館けいりんが立ち上げたホワイトガールズプロジェクト。今年の10月にある日本競輪学校の入学試験に合格することを目指し、現在3名の訓練生が切磋琢磨しています。訓練生に選ばれた3名のプロフィールとインタビューを順次公開します。

インタビュー第1弾は、3歳からスキーを始め、大学までスキー選手として活動してきたという寺井えりかさん。日本一の競輪選手になることを目指すアグレッシブな彼女が語る、競輪の魅力とは?

terai01

──競輪選手になろうと思ったきっかけは何ですか?

寺井 「お前の足は競輪に向いている足だ!!」と言われたからです。

──ホワイトガールズプロジェクトの訓練生になる前は、何をしていましたか?

寺井 スキー場でパトロール隊をしていました。

──競輪選手になると言ったときの、周りの反応はいかがでしたか?

寺井 「それ以上、足を太くしてどうするの!?」と言われたり、「やるからには、死ぬ気でやれ!」と激励されたりです。

terai02

──実際に訓練を受けてみていかがですか?

寺井 練習は大変で辛いときもあるけど、スピードに乗ってバンクを走っていくのは、とても楽しいです。

──競輪のおもしろいところ、魅力的なところを教えてください。

寺井 がんばった分が直接結果につながり、それが賞金になって戻ってくること!!

──どんな競輪選手になりたいですか?

寺井 日本一の競輪選手になりたいです。自分の走る姿を見て「あんな選手になりたい!」「競輪をやってみたい!」と思ってもらえるような選手になりたいですね。

terai03

──自慢できることを教えてください。

寺井 壁があっても、怪我しても、自分が満足するまで、目標を達成するまで、諦めないところ。

──これまでの人生で一番衝撃だった出来事を教えてください。

寺井 ゴキブリの動きが、思っていたのより速かったこと!

──もし男性に生まれ変わったら、何をしたいですか?

寺井 かわいい女の子をナンパする!! あと立ちション!(好奇心)

──今後の意気込みをお願いします。

寺井 今年こそ絶対に合格して、北海道初のガールズ選手になれるように全力でペダルをまわします。

terai04

名前 寺井 えりか(てらい えりか)
ニックネーム エリカ様、エリカボンバー
出身地 北海道紋別市(流氷がくるところ)
趣味 お風呂でカラオケ
特技 スキー、水泳、手芸
尊敬する人 or 憧れの人 両親
好きな食べ物 カニ、トマト、スイカ、プリン、卵焼き
苦手な食べ物 ライチ、甘納豆
好きな有名人 大沢たかお、りんりん
好きなテレビ番組や映画 クレヨンしんちゃん、ハウルの動く城、ルパン三世
好きな異性のタイプ 笑顔がステキでおもしろい人!!
今はまっていること 温泉めぐり、カフェ・スイーツ店探し
北海道でおすすめのスポットやお店 蔦屋書店、カニの爪(紋別にある巨大なカニの爪のオブジェ)
函館でおすすめのスイーツ店 Glacier ‘c’est chouette !’ (グラシエ セ・シュウェット!)
休日の過ごし方 蔦屋書店でコーヒーを片手にのんびりする
座右の銘 太陽は来る日ごとに新しい
今後の意気込み 北海道初のガールズ選手になり、函館けいりんが人気になるように全力でペダルをまわします!