2018-03-09

池田牧人アナの実況見聞録 | vol.4 待ち遠しい北国の春「松山」GⅡレースに注目!!

池田牧人アナの実況見聞録 vol.4 待ち遠しい北国の春「松山」GⅡレースに注目!!

池田牧人アナの実況見聞録4

函館競輪場の名物実況アナウンサー・池田牧人さん。正確無比なレース実況だけでなく、番組内に登場する手書きイラストを駆使したフリップも有名で、全国に多くのファンを持つ人気アナだ。その池田牧人さんがコラムを書き下ろし!おなじみの鋭い切り口と誠実な語り口が、函館けいりんオフシーズンに蘇ります!

Vol.4 待ち遠しい北国の春「松山」GⅡレースに注目!!
(松山競輪場・2018年3月18~21日)

Vol.4 待ち遠しい北国の春「松山」GⅡレースに注目!!
(松山競輪場・2018年3月18~21日)

平成28年度創設の新規GⅡ「ウィナーズカップ」。記念すべき第1回大会は高松競輪場で開催され、第2回の今大会は同じく四国の松山競輪場が舞台となる。函館競輪の開幕を間近に控える池田牧人アナのイチオシは一体どの選手だろうか―。

「函館けいりん」は4月11日に開幕戦!

「函館けいりん」は4月11日に開幕戦!

函館競輪場で場内実況放送を担当している池田牧人です。

全国的にはそろそろ春本番(北海道ではまだまだ三寒四温ですが…)のこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。今冬の函館は記録的な大雪で日常生活にも支障をきたしており、春先の湿った重たい雪に悪戦苦闘している毎日です。

いよいよ函館けいりん2018新年度の開催日程も発表されましたが、果たして来月の開幕戦(4月11~13日)を無事に迎えられるのかどうか。街中うず高く積まれた残雪を見ていると、正直心配になってきます。

一日も早い雪解けを願って、「松山GⅡウィナーズカップ」をテレビ画面越しにレース観戦して、春の気配を感じたいと思います。

hakomaga4_02

一足先に「ウィナーズカップ」参戦!?

一足先に「ウィナーズカップ」参戦!?

競輪界では、昨年新設されたグレードレース「ウィナーズカップ」。第一回の高松に続いて、今年の開催地は同じ四国地区の松山です。

ところで、先日(2月18日)ばんえい競馬と競輪のコラボイベントが行われた帯広競馬場の当日メインレースも「ウィナーズカップ」という競走名でした。

函館けいりんを精一杯PRしようと…私・実況アナウンサー池田と熊のマスコットキャラクター・りんりん、あと「りんりん」のマネージャー役であり当コラムの担当でもある敏腕スタッフFさんと共に出掛けて参りました。

厳寒期の北海道は移動が大変でしたが、なんとか予定通り「じゃんけん大会」や「ビギナー予想会」を実施して、さらに「函館競輪池田さん&りんりん来場」という協賛レースも組んで頂きました。

ちなみに、帯広の「ウィナーズカップ」では3番人気の「ホクショウユウキ」という馬が勝ち三連単①→②→⑥で決まったので、松山の「ウィナーズカップ」決勝戦(3月21日・第12レース)も同じ組み合わせで車券を買ってみるつもりです。

hakomaga4_05

帯広競馬場「ばんえい十勝」の中継番組に出演する池田牧人アナとりんりん

日本選手権不出場・武田と実戦復帰・深谷!

日本選手権不出場・武田と実戦復帰・深谷!

さて、参加メンバー108名を見渡すと、昨年のチャンピオン郡司浩平(神奈川)は不出場で、我らが北海道勢の姿も無く…残念。

それでも今年初めてS級S班9人全員が顔を揃える大会だけに、激しい攻防を見せてもらいたい。赤いレーサーパンツのSS班選手のなかでは、久しぶりの実戦となる深谷知広(愛知)と道産子レーサー武田豊樹(茨城)に注目している。特に武田は5月平塚GⅠ日本選手権競輪に出られないだけに、鬼気迫る走りで結果を求めてくるだろうか。

一方で、今回がビッグレース初出場となるS級2班の選手も多く、楽しみなのは107期生の阿部拓真(宮城)と109期生の島川将貴(徳島)。落車明けだが鋭い出脚ある阿部と、同県同期の太田竜馬(徳島)に負けられない島川には、思い切った競走で見せ場を作ってもらいたい。

あと、兄弟参加で注目の坂本貴史(青森)坂本周輝(青森)、5月平塚ダービーへ向けて好気配の桐山敬太郎(神奈川)や約10年ぶりのビッグ参戦となる川崎健次(神奈川)も渋太く上位に食い込んでくるか。

今シリーズ四日間通して車券を買いたい選手は、通算600勝が迫る村上義弘(京都)と地元・名古屋記念GⅢ優勝直後となる吉田敏洋(愛知)、あとは近況高いレベルで安定している佐藤慎太郎(福島)香川雄介(香川)の追い込み陣も見逃せない。

hakomaga4_04

2009年の松山オールスター(G1)を制している武田豊樹選手。写真は2015年の函館記念(G3)

ガールズ松山ステージは奥井に注目!

ガールズ松山ステージは奥井に注目!

最終日の第9レースは、「ガールズケイリンコレクション2018松山ステージ」。昨年11月以来の実戦という小林優香(福岡)の登場だが、いつも応援している道産子レーサー奥井迪(東京)を推したい。

昨年末のガールズグランプリでは懸命に逃げ粘るも、最後僅かタイヤ差で石井寛子(東京)に交わされて悔しい準優勝…。ぜひ今度は、歓喜の涙を見せて、晴れやかな気分で4月下旬の函館ナイターGⅢ開催に参加して欲しい。同開催(4月26~29日)で、ようやく函館バンク初見参となる尾崎睦(神奈川)にも注目です。

さて、冬場限定で昨年11月から合計④回ビッグレースを独断と偏見の「函館けいりん」目線でお伝えしてきた当コラムですが、待望の本場開催が迫ってきました。

いよいよ来月中旬、4月11日シーズン開幕を迎えます。どうか新年度も「函館けいりん」各レースの熱戦にご期待下さい。ありがとうございました。

実況アナウンサー・ikedamakito_07

hakomaga4_03

※池田牧人アナのイチオシ選手は、文中ではピンクの文字で表示しています。

合わせて読んでみる

函館けいりんをフォローする