2017-07-03

たまちゃんの競輪スジニコミ | vol.3 玉袋流! 予想の極意

たまちゃんの競輪スジニコミ vol.3 玉袋流! 予想の極意

たまちゃんの競輪スジニコミ

世間的にはあまり知られていないかもしれないが、実は芸能界きっての競輪通である浅草キッドの玉袋筋太郎さん。暇さえあれば、いや、無理やり時間を作ってでも競輪場へ足を運ぶ競輪狂、それが玉袋さんなのである。この度、そんな筋金入りの競輪好き芸人の玉袋さんと、函館けいりんのコラボが実現しました。

第3回 玉袋流! 予想の極意

競輪に対する愛情と情熱は誰にも負けない玉袋筋太郎さん。今回はこだわりの予想方法やクスッと笑える「競輪あるある」まで、たっぷり語って頂きました!

車券は時事ネタと絡めて買う!?

玉袋さん独自の予想方法や車券購入方法を教えてください。

玉袋筋太郎

「そうねぇ、やっぱり時事ネタに絡めたりするよね。こういう風に出て(メディアに)予想する分には普通に買っても面白くないでしょ、専門家じゃないんだからさ。だから時事ネタを絡めるんだよ。今スポーツ新聞で連載やってるんだけど、例えばさ、この間の郡司が調子いい時とかはさ、郡司(軍事)評論家を名乗ってね、アジアの緊張状態と合わせて、“郡司のミサイルが飛んで来るのを誰が迎撃するか”とかね。この前の郡司が出たダービーは外しちゃったんですよ。落車しちゃったりなんかして。だから郡司評論家としてはね、“極東郡司裁判にかける”とか“A級戦犯ならぬS級戦犯だ”とかね。そういう感じで予想してますね」

けっこう際どい時事ネタと絡めてるんですね(笑)

玉袋筋太郎

「そうそう。普通にやっても面白くないからね。(過去の競輪新聞を手に取って)このレースだったら*林巨人から買うよね。今ちょうどTBSで『小さな巨人』をやってるから。林巨人って小さな巨人じゃないですか。小さいけど巨人を名乗ってるわけだから。これは面白いなと思って林から買ったりとかね。俺も命がけで競輪やってるわけなんだけど、やっぱりそこにはファンタジーを絡めないと面白くないからね

*林巨人 「巨人」の読み方は「なおと」。身長159cm。“小さな巨人”と呼ばれている。

新聞の印とかは気にしないんですか?

玉袋筋太郎

「あのね、それを信用していいのかなっていうね。だって生活する上でいろんなものに印って付いてるじゃない? 水にしても酒にしてもさ。それを信用して飲んでるわけじゃない。でもそれを信用してるだけの人生って面白いですかってこと。だって俗世間と違う世界に没頭するわけじゃん。なのに*印に乗っかったって面白い結果にはならないと思うんだよ。自分の直感と推理を信じた方が絶対面白いからね」

*印 競輪新聞に掲載されている予想印。◎(本命)、◯(対抗)など。

全国の競輪場へ足を運ばれていると思いますが、ズバリ「競輪グルメ・ベスト3」を教えてください

玉袋筋太郎

「ラーメンで言ったら大宮競輪のラーメンが一番うまいね。あそこのラーメンはほんとうまいよね。その対極にあるのが*岸和田競輪場の中華そばね。まあ謎だよね、謎のラーメン。これはもうとにかく食べて頂きたいっていう気持ちだけ。別に*くさしてるわけじゃないんだよ(笑)人それぞれ好みがあるからね。でも岸和田競輪場のお好み焼きは美味しいよね。うどんも美味しいね、関西風のやつね。やっぱりさ、車券も当たり外れがあるけど、グルメも当たり外れがあるってのがいいんだよな」

*岸和田競輪場 大阪府岸和田市にある競輪場。
*くさしてる 悪く言うこと。

写真

ハズれてもいい想い出になるということですね

玉袋筋太郎

「あとはやっぱ煮込みね。これがうまいんだよ。B級グルメなんて言ってるけど違うんだよ。*S級ですよ。SS班なんですよ、ランクで言えばね。それこそいろんなギャンブル場の何がうまいとかさ、例えばお舟(ボートレース場)のあれがうまいとか言い合いになったりするんだけど、冗談じゃねぇよってね。立川の煮込みを食ってみろよ! っていう話だよね」

*S級 競輪選手は成績によって6つのクラスに分けられている。最上の階級は「S級S班」(通称SS)。

競輪場のS級グルメは最強だと(笑)

玉袋筋太郎

「まあそれぞれのフェイバリットの味があるってことですよね。だからさ、ランキングは付けらんないよね」

玉さんはまだまだ若手ファン!?

写真

鉄道ファンは乗り鉄、音鉄、駅弁鉄などいろいろ種類がありますけど、競輪ファンはどういう種類があるんでしょうか?

玉袋筋太郎

「俺ね、小倉競輪に行ったときにね、すごいファンを見たよ。小学生がさ、じっくり読み込んでさ、ばっちり予想してたんだよ。買えないんだけどさ、親 父に連れてこられてんだよ。一応遊具とかもあるんだけど、そっちで遊ばないでさ、地べたにあぐらかいて座って新聞読んでるんだよ。あれは宝物だと思ったね。これでジュースでも飲みなってお小遣いあげちゃったもん」

将来が楽しみな競輪ファンですね

玉袋筋太郎

「そういう子もいれば、あとはやっぱりベテランファンね。50年選手の超黒帯を巻いてる人たちとか。あの人たち何も見ないもんね。並びから何から全部のデータが頭に入ってるんだから。50年間情報をアップデートしてるわけだからすごいよね。競輪ファンって言ったら、まずそういう大先輩方がいるよね。俺らの世代なんてまだまだ若手ファンですよ

玉袋さん世代が若手!? すごい世界ですね(笑)

玉袋筋太郎

「あとね、この間行った愛知県の一宮のスナック。ガラッと開けたらいきなりママが『ああ玉ちゃん、私も競輪好きなのよ』って言われて、そっからボトル2本入れちゃったくらい飲んじゃったんだよ。そういう女性ファンも多いね。彼女はね、競輪が好きなお客さんに一宮競輪がまだあったときに連れて行かれて、そのときにバンクを走る小嶋敬二の太ももを見て競輪にハマったらしいんだよ。鉄道ファンで言ったら乗り鉄っていうのかな。まあ彼女が競輪選手に乗ってるかどうかはわかんないんだけど」

それは乗り鉄とは言いませんね(笑)

玉袋筋太郎

「あとはネット投票してる人もいるよね。そういうファンも増えたんじゃないかな。俺はなんだろうねぇ。呑み、うん呑みだね。*ノミ行為じゃないよ、お酒の方ね。まあほんと、好きな奴がいるんだよねぇ。この間スナックをオープンしたんですけど、ダービーの決勝の日にうちのスナックに競輪ファン集めてさ、みんなで呑みながら電話投票やったのよ。もう半端じゃないのよ、知識がね。あれは勉強になったな」

*ノミ行為 公営競技などを利用して施設の投票所(胴元)を営むこと。「違法行為」

呑みファンの集まりは楽しそうですね

玉袋筋太郎

「そうだねぇ。あとは、張り付いてる人たちも凄いよね。べったり金網に張り付いてる人いるじゃん。あれ何系っていうのかな、“張り付き系”かな? 張り付いちゃってヤジるヤジる。もうすべての人格を否定するようなヤジを飛ばすんだよ。生活がかかってるんだろうね。一方で*特観席で見てる勝ち組の人たちもいるもんね。何も声を荒げずにさ、淡々とやってる人たちね。階層ができてるよね。昔ゾンビ映画でランド・オブ・ザ・デッドってのがあってさ、金持ちだけが隔離されてて、周りがゾンビだらけっていう。それを彷彿とさせるよね。もちろん俺はゾンビ側にいるんだけど(笑)

*特観席 特別観覧席のこと。有料席。

そんな競輪ファンの中でも、“オモシロおじさん”を教えて頂きたいんですが

玉袋筋太郎

「オモシロおじさんねぇ。いやほんとね、イマドキいないよねっていう人がいるからね。裸にベストを着たおじさんとかさ。*スタン・ハンセンじゃないんだから。あと、なんでそんな具合悪いのに来てんのっていうおじさんね。寝てろよ! みたいなさ。サウナパンツで歩いてるおじさんもいたからね。サウナから出たときに穿くゆるいパンツあるでしょ? あれで来てんの。ドレスコードどうなってんだっていうね」

*スタン・ハンセン テキサス州出身のプロレスラー。試合時のコスチュームがウェスタン・ルック。

ファッションも独特なんですね

写真

玉袋筋太郎

俺に競輪場へ来るんじゃねぇよって叱りつけたおじさんもいたね。俺が立川競輪で打ってたらさ、おい、玉袋このやろう、競輪なんて打つんじゃねえよ! って」

いきなり怒鳴られたんですか!?

玉袋筋太郎

「そうそう。それでなんだよおじさんって言ったら、『とにかく俺はな、家3軒取られてんだよこのやろう!』って。おじさんが当てねぇから悪いんだろってね。そしたら『俺みたいになるんじゃねぇぞ!』って言うから、ならねぇよこのやろうって言ったらおじさん怒りだしちゃってね。『お前、俺をなめてんのか! 俺はな、*赤レンガにも入ってんだぞ!』つって威張りだしちゃってさ。なんだよ、人間のクズじゃねぇかこのやろうって(笑)」

*赤レンガ 刑務所のこと。

理不尽なおじさんですね(笑)

玉袋筋太郎

「でも面白いよね。そういう人を迷惑って思ったら寄りつかなくなるから、面白い人だなって思ってさ、許す気持ちが大事だよね」

次はですね、「このレースが凄い! 玉袋的・競輪名勝負」というテーマです。玉袋さんの選ぶ想い出の名勝負を教えてください

玉袋筋太郎

「これはね、2012年12月30日の*KEIRINグランプリ。これだな、これに尽きるんじゃないかな。ドシャ降りの*京王閣。*村上お兄ちゃんがケガして肋骨を折っちゃってるっていうね。全員が村上を切るわけだよ。俺もそうだよ。だってケガした状態で出るんだから、そうするよね。でも優勝しちゃうんだよ。これは驚いたよね。車券買ってねぇんだけど、あれほど燃えさせてくれたレースはないよね

*KEIRINグランプリ 毎年12月30日に開催されるGPレース。
*京王閣 京王閣競輪場(東京都調布市)。
*村上お兄ちゃん 村上義弘選手。弟の村上博幸(86期)も競輪選手。

劇的ですね

写真

玉袋筋太郎

「あとはね、*平塚のグランプリ。山口幸二さんが最後に優勝したやつ。あれも感動したね。年齢的なことを考えてヤマコウさんねぇなと思って買わなかったの。だけどヤマコウさんが優勝したんだよ。俺たち小田原の健康ランドで*前乗りまでしたのにハズしちゃってね。でもうちの若い衆の知り合いが来てて、ヤマコウさんの*車単で500万円取ったんだよ」

*平塚のグランプリ 平塚競輪場で行われた「KEIRINグランプリ2011」。山口幸二選手が13年ぶり2度目のグランプリ優勝を果たす。
*前乗り 前日から現地入りすること。
*車単 車番2連勝単式

おお、それはすごい!!

玉袋筋太郎

「それでその人と連絡を取ってさ、ご祝儀に10万円ずつもらったんだよ。負けたけど勝ったっていうね(笑)あれは嬉しかったね」

続いては「競輪あるある」をお願いします

玉袋筋太郎

「競輪あるあるはねぇ、俺よりキャリアのある人で、年に何千万も打ってる人がいてね、忘れもしないG2のウィナーズカップの決勝だよ。 朝その人が俺のところへ来てさ『玉さん、昨日は決勝のことを考えてたら4時間しか寝られなかった。その4時間のうち3時間見た夢があるんだ。それが平原・武田だ』って言うわけ」

夢でお告げがあったと?

玉袋筋太郎

「そう。『99.99%これしかないんだから玉さん、俺に任せろ!』って。……来ねぇんだよこれが!

信じて乗ったのに(笑)

玉袋筋太郎

「みんな洗脳されてそれ買ったんだけどハズれちゃって。ズッコケたよ。そしたらいなくなってるんだよ。いつの間にか消えちゃって。で、その次に会った時に、◯◯さんそりゃねぇだろっつったら、すみませんすみませんなんて謝ってたんだけど、実はその人、裏でもうひとつ買ってたんだよ。しっかりリスクヘッジして勝ってやがんだよ(笑)。そういう人いるんだよなぁ。っていうあるある」

自信満々に言われたら信じちゃいますよね

写真

玉袋筋太郎

「あとね、3連単12000円くらいの結果を見て『買えたなこれ。絶対取れてたよ』って言う奴ね。だったら買えよ! っていうね。これは一番のあるあるだね。まあ俺もよく言っちゃうんだけどね(笑)。負け惜しみなんだろうね」

タラレバを言いたくなる気持ちはわかります

玉袋筋太郎

「あとはそうだねぇ。俺はお酒を呑むから競輪場へは電車で行くんだけど、とにかくね、パスモだけちゃんとチャージしてれば家に帰れるってことね。何もなくなってもパスモだけ持ってれば大丈夫っていうね。そういう人もいるよね」

スッカラカンになってトボトボ歩いて帰るなんてゾッとしますね(笑)

玉袋筋太郎

「あと、投票券を持って帰るバカね。家でメモ帳にしてる奴*マークカード塗らないで持って帰ってさ、買い物行くときにダイコンとか醤油とか書いてんの。これ買って来てってそれをカミさんに渡してさ、そしたらカミさんがすげえイヤな顔するんだよな。恥ずかしいって……ってそれ俺じゃねぇか!

*マークカード 車券(勝者投票券)を購入するために使用するカード。

玉袋さんがやってるあるあるなんですね(笑)

玉袋筋太郎

「全国の投票券コレクションしちゃってるからね(笑)。あとは何だろうねぇ。もうあれだこれだって散々大論争したにもかかわらず100円しか買わない奴とかね」

100円でそこまで熱くなるなよっていう(笑)

玉袋筋太郎

「それから*送迎バスね。あのバスの中の会話っちゅうのも味わい深いよねぇ。そこにもいたんだよ、あれが取れたこれが取れたって言ってる奴が。ベロベロに酔っぱらってるんだけど、すっげぇうるさいのよ。そしたら俺の隣に座ってたおじさんが『てめぇうるせぇよ! 目ぇ潰すぞ!』って。すげぇこと言うなって思ったよね」

*送迎バス 競輪場と最寄り駅の間を走る無料のバス。

バスの中の会話とは思えないですね

玉袋筋太郎

「あと、やめろって言ってるのにハトにエサをやってるバカ。ダメだって書いてあるのにさ、食ってるアジフライあげたりすんの。いるんだよ、各競輪場にそういうハトじいさんが。あれはやめてほしい」

夜空に感謝する

では最後のテーマです。ナイター競輪、ミッドナイト競輪の魅力を教えてください

玉袋筋太郎

ナイターの良さはね、まずやっぱり、夜風に当たりながらできるっていう、風流さだよね。あれが好きなんだよな。来てるお客さんもさ、仕事終わりでそのままの格好で来てるわけだよ。とびの人たちがハイエースで乗り付けたりなんかしてさ、カッコいいんだよ。親方に連れて来られてるんだけど、そういう風景を見るのも好きだね」

いい光景ですね

玉袋筋太郎

「夜風とか夜空とか、そういう風情がいいよね。それにお金を払ってる感じがするもんね。夜空に感謝するために車券を買うみたいなね」

「夜空よありがとう」みたいな(笑)

玉袋筋太郎

「季節を感じるってことだよね。夏のナイターだったらさ、むかし感じた夏の夜みたいなさ。蚊帳があって蚊取り線香があって風鈴があるみたいな。ああいうなんとなく郷愁感があるんだよね。で、ナイター競輪が終わって客が帰り始めて閑散としていく競輪場の空気とかさ、なんかいいんだよね」

都会じゃなかなか味わえない空気ですね

玉袋筋太郎

*ミッドナイトはミッドナイトでね、これがまたいいんだよね。なんだろ、あの*テンポの良さとかいいよね。俺の場合はさ、テレビを観ながら晩酌をするんだけど、一方でパソコンを開いてカチャカチャやるわけですよ。カミさんと一緒にテレビ観てるふりして笑ったりしてるんだけど、心はこっち(競輪)だから。カミさんが知らないところで小っちゃくガッツポーズしてね、このムズムズ感がね、好きだなぁ」

*ミッドナイト ミッドナイト競輪。概ね21時~23時過ぎに開催される競輪。自宅などのインターネット環境でくつろぎながら楽しめる新しいスタイルが人気。
*テンポの良さ 2時間程度で7R実施。周回数が少なく、通常の競輪より2車少ない7車立てのため、予想しやすくテンポよく投票を行うことが出来る。

ちょっとしたスリルがあるわけですね

玉袋筋太郎

「好きだねぇ、あの瞬間。なんかバレない浮気してるみたいで」

すごいスリルじゃないですか(笑)

玉袋筋太郎

11時までやれるってのがちょうどいいよね。それでゴロっと寝ちゃえばいいわけだからさ。サクサク感もいいし。今はほとんどの競輪場でミッドナイトやってるからさ、もう四六時中打てるわけですよ。モーニングがあって開催があってナイターがあってミッドナイトがあって、凄いよね。あとは早朝にやってほしいんだよね。早朝ソープみたいに」

日の出とともに

玉袋筋太郎

「そう。だってほら、(競輪ファンには)高齢者が多いでしょ。早く目が覚めちゃうんだからあの人たち。そういう人たち向けに早朝も考えてほしいな。まあそうなってくると、24時間やってりゃいいじゃんって話だよね」

選手が大変そうですね

玉袋筋太郎

「選手も増やしてさ。グルグルやってほしいよ。丑三つ時競輪とかさ。2時からやるの。遅せぇなぁなんて言いながら(笑)」

【報知新聞社杯争奪戦をズバリ予想!】

函館開催の報知新聞社杯争奪戦の予想をお聞かせください

玉袋筋太郎

「(出走表を見ながら)うーん難しいな〜ホント難しい!予想しなきゃだめww?」

お願いします!!!

玉袋筋太郎

決勝メンバーはすぐに出た!明田、大槻、早坂、山下、小埜、勝瀬、渡邉、山口、森川、この9人だな!」

優勝は?

玉袋筋太郎

「(うーんと考え込んで)ハルトモ! 渡邉 晴智で!!」

自信は?

玉袋筋太郎

「ない!今回は本当に難しい!だからこそ面白そうだけどな」

頂きました! 結果を楽しみに待ちたいと思います。本日はありがとうございました!

つづく

合わせて読んでみる

函館けいりんをフォローする