2017-05-08

たまちゃんの競輪スジニコミ | vol.2 競輪場での過ごし方とその魅力

たまちゃんの競輪スジニコミ vol.2 競輪場での過ごし方とその魅力

たまちゃんの競輪スジニコミ

世間的にはあまり知られていないかもしれないが、実は芸能界きっての競輪通である浅草キッドの玉袋筋太郎さん。暇さえあれば、いや、無理やり時間を作ってでも競輪場へ足を運ぶ競輪狂、それが玉袋さんなのである。この度、そんな筋金入りの競輪好き芸人の玉袋さんと、函館けいりんのコラボが実現しました。

動画を見る!

第2回 競輪場での過ごし方とその魅力

身も心もどっぷり競輪に浸かっている、芸能界きっての競輪通である玉袋筋太郎さん。今回も競輪の魅力や楽しみ方について、大いに語って頂きました!

旅打ちは最高!!

写真

競輪場へ行った時の過ごし方を教えてください

玉袋筋太郎

「やっぱり競輪場へ行ったら、必ず飲むよね。そこで大事なのは、馴染みの店を作っておくこと。俺もそういう店があるんだけど、お店のおばちゃんがさ、いつもウーロン杯を作ってくれるんだよ。立川競輪場のある店なんかは俺が行くと他のお客さんより濃いめで作ってくれるんだよ。そこまでいくの苦労したんだから。おばちゃんと仲良くしてさ。『じゃあ玉ちゃんのはこれくらいね』って、明らかに他の人と違うんだから!」

それは嬉しくなっちゃいますね

玉袋筋太郎

「でもね、この間さみしいことがあってね……。ある競輪場でさ、いつの間にかウーロン杯が缶になってて、ただ注ぐだけになっちゃてたの。それがさみしくてね、泣けたよ。おばちゃんとのやり取りが面白くて行ってるのにさ、それがなくなるのはさみしいよね……」

確かにそれはさびしいですね……。グルメはどうですか?

玉袋筋太郎

全国の競輪場のラーメンは必ず食べるようにしてるんですよ。それでね、競輪場ラーメンシリーズを自分で始めたときに、初めて食べたのが××競輪場のラーメンだったの。もうね、(顔をしかめて)こんなラーメンがあるのかって思ったの。そこから始まって、全国の競輪場のラーメンを食べてみたら、××競輪場のラーメンのランクがアップしてたの

××競輪場のラーメンよりもっと美味しくないのがたくさんあったと(笑)

玉袋筋太郎

「うん。その点ね、函館はいい! 函館競輪場の2階の食堂のラーメンはうまいよ。マジでうまい。ベスト5には入るよ」

ちなみに、最も美味しくなかったラーメンの味って……

玉袋筋太郎

「どことは言わないけど、もうね、すごかったよ。お湯に麺入れてるだけじゃねえかっていう。一緒に行った仲間とさ、これどうしようってなって、テーブルにあったコショウを全部入れて、コショウ味でなんとか食べたよ」

なかなかキツイですね(笑)

玉袋筋太郎

「まあそれも楽しいんだけどね。あとは人間ウォッチングとかね。めったに見れねえ人に会えたりするじゃない。むかし近所にあんなおじさんいたな、こんなおじさんいたなっていう懐かしい人たちにたくさん会えるってのが素晴らしいよね。俺が懐古主義すぎるのかもしれないけど、でもやっぱ気持ちいいよね」

人との出会いや触れ合いが競輪の魅力ということですね

玉袋筋太郎

「それとね、旅打ち っつうのはいいよね。風情があって、最高だよ。行きたいもんねえ」

※旅打ち ギャンブルを楽しむことを目的とした旅行。

どこに行きたいですか?

玉袋筋太郎

好きなのは弥彦競輪とか。あそこはいいよねえ、何とも言えず。もちろん、函館が最高ですけどね!

最高ですか(笑)

玉袋筋太郎

「もちろんですよ。だって競輪場だけじゃないから。食いもんなんて何でもうまいんだから。景色もいいしさ、もう最高でしょ! 函館競輪場は空港からのアクセスも素晴らしいんだよ。函館は非常にコンパクトな中にいろんな所があるから、いろいろ行きやすくていいよね。マイルが貯まってきて期限が切れそうになったら、やっぱ函館行きてえなって思うもん。開催してねえかなってね。行くなら夏の終わりの函館がいいよね。ちょっと寒いからウィンドブレーカーなんか羽織っちゃって。それで見る函館のおつなものったらないね」

周りの人間はすべて競輪ファンにする!?

写真

競輪場へ行くときはどなたと?

玉袋筋太郎

一人で行くときもあるし、若い衆と行くときもあるよ。あと、友達と向こうで待ち合わせとか。友達って言っても業界の人じゃないよ。空調屋のおじさんだよ。行ったらそういう友達が必ず誰かいるんだよ」

芸能界の競輪仲間は?

玉袋筋太郎

U字工事の福田。あれも好きだねえ。あとはね、長年一緒に番組やってるスタッフ。競馬とか他のギャンブルやってたんだけど、全員俺が競輪ファンにしたからね」

それはどうやって?

玉袋筋太郎

「そりゃ競輪の話だよね。競輪ファンってのはさあ、一人ひとりが凄いイマジネーション、競輪宇宙を持ってるわけよ。競輪のレースの展開予想なんてある意味妄想だから。そういうそれぞれの妄想話を聞くのが楽しいんだよ」

変わったおじさんとかいますか?

玉袋筋太郎

「競輪の面白さをずーっと語るんですよ。競馬は馬じゃん。馬券買った馬が3着になって馬にバカヤロウって言っても届かないよ。競輪はてめえなんだよ。てめえが資本ってところがカッコいいんだよっつって、競馬ファン何人かこっちに取り込みましたよ(笑)。それでね、番組で月に5000円ずつみんなで積み立てやって30万くらい貯めて、グランプリ 一発勝負ってのやってんの。面白いんだよ、これが」

※グランプリ KEIRINグランプリ。毎年12月30日に開催されるGPレース。

地道に布教活動されてるんですね

玉袋筋太郎

「そうそう。もちろんライン を組むとかそういうのを教えると『ああ、そうなんだあ』なんて感心してさ。あと地方から集まってるスタッフが多いからさ、『おめえんとこの地元は村上兄弟ってのがいるんだよ。応援しなきゃダメだよバカヤロウ』ってね(笑)」

※ラインを組む 各選手が脚質(レースの進め方の特徴)に応じて、勝利を目指して他の選手と連携すること

勝っても負けても飲みに行く

では、競輪場を出たあとの過ごし方は?

玉袋筋太郎

オケラ のときはね、勝った人間にたかる!

※オケラ お金を使い果たしてスッカラカンになること。

やっぱりたかっちゃいますか(笑)

玉袋筋太郎

「それはもうしょうがないよね。勝ったんなら一杯行こうよってなるよね。でも自分が勝ったときはおごるよ。持ちつ持たれつだから」

勝っても負けても飲みには行くんですね

玉袋筋太郎

「絶対行くね。まあ飲みながら打ってんだけどね。飲みながら打ってんだけど、やっぱり行かなきゃね。また普通の平場 だったら4時半に終わるってのがいいよね。12レースやって負けちゃって4時半に終わって、あ~なんて言いながら『待てよ、まだナイターがあるな』って(笑)。大変だよもう」

※平場 特別競走以外のレースのこと。

酔っ払って何か失敗したことはありますか?

玉袋筋太郎

「それがあれだよ、えーっと、去年のグランプリか。俺だけ取ったんだよ。そんときに俺酔っぱらっちゃっててさ、『やったー!』なんて叫んじゃったんだよ。そしたらみんなたかってきちゃって。気づいたら俺、1万円ずつ配ってたの

えっ!!

玉袋筋太郎

「全部配っちゃって……。知り合いが玉さんやめろやめろって止めてくれてたんだけど、いいんだよいいんだよなんて言っちゃって。ほんとバカ。いい勉強になりましたよ」

【競輪界を盛り上げるためのアイデア その2 】

競輪場におば様方を連れてくる方法はありますか?

玉袋筋太郎

「やっぱりね、選手の個性を出さないとダメだよね。だってプロスポーツ選手で一番多いのって競輪じゃないですか。ギャンブルだからしょうがないんだけど、数が多いわりには出る機会が少ないよね。イケメンの選手だっていくらでもいるし、キャラクターのある人もいるわけだからさ。それがわかってるおばさんたちは来てるけど、世間的には知られてないからね。だからもっと広く出た方がいいよね。だって興味ない人に競輪選手は誰知ってるって聞いても中野浩一しか出てこねえじゃん。それじゃダメだよね。総選挙なんかやるべきだと思うよ。オールスター投票とかあるけど、それとはまた違ったもんをね、やるべきだよ」

魅力のある選手が多いんですか?

玉袋筋太郎

「あのね、少ない人数だけど、今まで競輪選手に会ってきて思うのは、競輪選手ぐらいね、素晴らしいプロスポーツ選手はいないってこと。いろんな競技のプロスポーツ選手に会ってきたけど、競輪選手はほんと素晴らしいですよ、人間が。仕事したりお酒飲んだり食事したりしてきたけど、誰一人イヤな人はいなかったね。12月31日にね、競輪の番組やって、そのあと打ち上げがあるんですよ。中野浩一さんをはじめ大御所の人たちとか、グランプリ覇者の選手とか来て、みんなで飲んでるわけですよ。すげえのはさ、競輪選手って飲み会のときに誰一人携帯を触ってねえってこと。俺それ見ちゃったんだよ。カッコいいんだよ、そういうとこが」

場の雰囲気を壊さない

玉袋筋太郎

「そう。携帯いじらずみんなで楽しく飲んでるの。俺ごときでも気を使ってくださるんですよ。もうね、感動しますよ。そういったところをね、もっと出してえんだよ。俺はそういうことを言いたくてしかたねえんだよ。オフシーズンがないからどのスポーツ選手より練習してるしさ、大怪我するリスクもあるじゃない。だからもっと稼いでほしいと思うわけ。賞金ももっとアップして、10億20億もらわないと気が済まないよ、俺。悔しいね。凄い悔しい……。孫正義が買えばいいんだよ。アラブの王様と何兆円の取引きするより競輪だよ。頼むよ孫さん!

では、競輪場を貸切れるとしたら何がしたいですか?

玉袋筋太郎

「そうねえ、なにしよっかなあ……。一応走るだろうね、自分の愛車で

とりあえず1人で走ると(笑)

玉袋筋太郎

「そう。あとはね、模擬レースは絶対やりたいよね。それで、ドローンを使いたいんだよ。ドローンからの映像を見てみたいんだよ。ドローンを使った中継って絶対にムリなんですよ。落下する恐れがあるから。だからそれをやりたいね。あとは選手カメラも全部付けてね。貸切れるんだったらそれぐらいやりたいね」

面白そうですね!

玉袋筋太郎

「あとはあれだな。選手の泊まる宿舎に泊まりたいな。そんで選手と同じ飯が食いたい(笑)

もし「競輪映画」を撮るとしたらどんな映画にしますか? キャスト案とかストーリー案とか

玉袋筋太郎

「うーん、ドキュメンタリーの方がいいんじゃねえかな。俳優がやったって無理があると思うし。ドキュメントでずーっと追っかけてりゃいいんだよ。スピードチャンネルとかでドキュメントやってるんだけど、すげえいいんですよ。だから映画では勝てねえな。俺の中じゃ映画より競輪の方が上だから。攻殻機動隊より上だからね、競輪が

究極のエンタメですね(笑)

玉袋筋太郎

「たとえばある選手をさ、競輪学校から10年20年追っかけてるドキュメントとかすげえ見たいもん。いくらでも素材はいるわけだから。彼らの普段も見てみてえしさ。オフのときの過ごし方とかね。だからやっぱドキュメンタリーだな」

ここまで競輪選手の魅力や素晴らしさを語って頂きましたが、ガールズ競輪はどうですか?

玉袋筋太郎

「好きですよ、ガールズ競輪。俺ね、ガールズ競輪が復活して、最初のレースを見たときに、ちょっと涙が出てきたんだよね。厳しい訓練を終えて、何十年ぶりに復活して走ってるのを見てね、ああすげえなあって涙出ちゃった。ガールズのでっかいレースとかグッときますね。この間のガールズ競輪コレクションだって、まさかの石井貴子さんが勝ったんだけど、終わってみれば郡司浩平が勝って何冠祭りだとか、そっちに注目がいっちゃってね。ガールズにも凄い選手がいるからね。連対率100%の梶田舞とか。そんな選手ほかにいないぜ。もっと注目浴びてほしいよね」

【函館記念をズバリ予想!】

写真

5/18~5/21に行われる「函館記念」のズバリ予想をお願いします!

玉袋筋太郎

「(出走表を見ながら)う~ん、どうなるかなあ」

※紙に決勝のメンバーを書き込む玉袋さん(考えること3分)

玉袋筋太郎

「うん。決勝メンバーはこれだな。村上義弘、菊地圭尚、浅井康太、新田祐大、新山響平、中村浩士、郡司浩平、吉田敏洋、金子貴志

ズバリ優勝は?

玉袋筋太郎

「ズバリ、単騎村上義弘 選手です!」

自信は?

玉袋筋太郎

「間違いないでしょう! 地元の菊地選手もいいポジションを取ると思うんだけど、最後は単騎の村上選手に差されて2着ってところなんじゃないかな。そんなわけで、村上と菊地、1着・2着確定しました!

頂きました! 結果を楽しみに待ちたいと思います。本日はありがとうございました!

つづく

合わせて読んでみる

函館けいりんをフォローする